岩手県あるある

岩手出会い〜出会える優良サイト特集〜

岩手県あるある

岩手県には、俗に3大麺と呼ばれる名物食材があります。具体的には、冷麺、わんこそば、じゃじゃ麺の3種類で、最近でこそ広く知られるようになってきていますが、未だ試された経験をお持ちの方も少ないのではないかと思いますので、今回はこの3大麺について紹介してみたいと思います。

 

冷麺は、現在の北朝鮮出身の方が現地のいわゆる平壌冷麺を基にして、岩手で独自の進化を遂げた麺であり、原材料にはそば粉ではなく、小麦粉を使っていますので、もちもちとした食感が特徴で、冷やして食べると大変美味です。韓国の冷麺とは全く違う食感の麺で、県内の焼肉店の多くで、この冷麺を食べることができます。

 

わんこそばは、小さなお椀にそばを切り分けて、食べられる椀の数を競うという当地独特のゲームであり、お椀10杯でちょうど普通のそば1杯に相当します。イベントごとで食べられることが多く、日常の食事として、岩手県人が広く食べるものではなく、岩手県人であってもわんこそばを食べたことがないという人が実は意外と多いです。

 

じゃじゃ麺は、最近注目を集めてきた麺食材、うどんの麺に味噌を始めとした調味料を乗せて、混ぜて食べるのですが、残った味噌に卵をかけて湯でゆがいてスープ(チータンタンといいます)にして〆るのが現地における一般的な食べ方です。

 

岩手にお越しの際は、独特の麺文化を是非堪能して頂きたいと思います。

岩手県あるある記事一覧

岩手県が不倫率全国bPなのは何故か

岩手県の女性の不倫率は全国都道府県の中で第一位です。これは、昔からよくある県民性のデータ本やさまざまなアンケート媒体の結果でも一位になっています。データの信ぴょう性については、確かにこのデータは本当かもしれないと思うことが、私は岩手県民の女性なので日常生活の中や社会生活の中で頻繁にあります。日常生活...

≫続きを読む

 

岩手が商業実験地にされる理由が多いワケ

岩手県の男性の県民性として平均と均衡を好む特性があります。みんなに理解される仕事をしていること、多くの人に共通している価値観に当てはまる人生を送っていることを好む人も多いです。とにかく新しいことに閉鎖的なのも岩手の男性の県民性です。中年以上の男性では、あらゆる分野において新しいことを嫌い、頑固で融通...

≫続きを読む

 

岩手県の郷土料理や、B級グルメ

岩手県は、東北に位置していて、海の幸や、山の幸とおいしいものがたくさんある県です。郷土料理で有名な料理は、盛岡冷麺です。こしのある麺と、ピリ辛のスープが特徴で、夏だけでなく、いつでもおいしく食べることができます。わんこそばも有名で、お椀に入ったそばを掛け声をかけながら、食べる姿は、見てみるだけでも楽...

≫続きを読む

 

岩手県の人々の性格について

私は岩手県の出身であり、高校まで当地で過ごした後、関西のとある大学に進学し、その後は大阪や横浜でのサラリーマン生活を経て、地元である岩手県にUターンしてきました。地元を離れて15年以上の歳月が経過していましたが、今こうして岩手県の人々とともに生活を営んでいる中、なるほど岩手県の人々の特徴というものを...

≫続きを読む

 

一旦打ち解けてしまえば人懐っこくて憎めない人達

親の仕事の都合で岩手県に住んでいたことがあります。高校時代に数年間でしたが、楽しい思い出が沢山ありますよ。転勤が多い家族でしたので、それぞれの地域の特色を感じやすい環境でした。岩手にいたころは高校生で多感な時期だったのもあって、考えることはありましたね。東北の地域ですので、岩手県の人も人見知りが激し...

≫続きを読む

 

岩手県と宮沢賢治

岩手県は本州最大の県ですね、その北の部分を昔は(今も)南部地方、南部藩と言っていましたが、北なのに南部・・?、実は南部というのは南部氏のことで人の名前だったのですね。 北の県の青森に津軽というのもありますが、津軽と南部は常に諍いをしていたと聞きますが、その津軽も人の名前だったのです。この岩手県は宮沢...

≫続きを読む

 

岩手県人と歴代総理大臣の輩出

岩手県花巻市において、三偉人と称される人物がいて、現在其々の記念館や記念物が展示してあります。 (1896年)です。高村光太郎は妻・智恵子のことでも有名ですが、芸術家・高村光太郎が花巻にて過ごしたのは、昭和20年の頃で、以前から知己の間柄だった宮沢賢治を頼りに、賢治の弟の家に疎開してきていたといいま...

≫続きを読む

 

岩手県に嫁いできました

主人と出会ったの岩手大学に在学中の時でした。岩手でも内陸北部出身の彼は何事も粘り強い努力家で、消極的で口数が少ないおとなしい人でした。最初はとっつきにくいなぁと言うイメージでいたのですが、話をする機会が増えるうちに彼のまっすぐな人柄に惹かれるようになりました。そんな真面目な彼に惹かれたのですが、やや...

≫続きを読む

 

「わんこそば」体験記

過日、県北部の安比高原でスキーを楽しんだ後、盛岡駅前で新幹線の待ち時間の間に、駅前で名物の「わんこそば」を食べる機会がありました。襷(たすき)がけの給仕の(昔の)若いお姉さんが、「はい、よいしょ」、「はい、まだまだ」、「はい、じゃんじゃん」と掛け声をつけながら、これでもか、これでもかと言わんばかりに...

≫続きを読む

 

岩手県南部藩(盛岡藩)の発祥に関して

岩手県の北部の青森県側、八戸市の西南部に南部町という地名があります。 この南部というのは、山梨県(甲斐国)に栄えた甲斐源氏の流れを汲む由緒正しき南部氏のことで、源頼朝が奥州に根を張っていた藤原氏征伐の功で、南部氏が現在の八戸地方に領地を与えられ、今の南部町に根をおろしたことに始まります。これが東北の...

≫続きを読む

 

作家・高橋 克彦氏と東北、岩手の歴史的経緯

岩手県の現在の代表的作家といえば「高橋 克彦」氏ではないでしょうか、彼は岩手県釜石市生まれ、今は盛岡市に在住しておられるようです。彼は、「写楽殺人事件」で江戸川乱歩賞を受賞してデビュー、その後「総門谷」、「竜の柩」などのアクション伝奇小説や「炎立つ」、「火怨」などの歴史小説のほか、幅広いジャンルで活...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
岩手出会いTOP サイトマップ