岩手県が不倫率全国bPなのは何故か

岩手出会い〜出会える優良サイト特集〜

岩手県が不倫率全国bPなのは何故か

岩手県の女性の不倫率は全国都道府県の中で第一位です。

 

これは、昔からよくある県民性のデータ本やさまざまなアンケート媒体の結果でも一位になっています。
データの信ぴょう性については、確かにこのデータは本当かもしれないと思うことが、私は岩手県民の女性なので日常生活の中や社会生活の中で頻繁にあります。

 

日常生活において不倫率が高そうだと感じる場面は、ラブホテルの高い稼働率です。平日休日の曜日を問わず、日中から夜までどの時間帯でも、いつ行っても満室のラブホテルが多いです。夜ならまだしも、平日の昼で満室や利用率99%で、空室が一室だけということもしょっちゅうあります。何室か空いていたと思ったら清掃中で待たないと入ることができないということもよくあります。

 

郊外のラブホテルでこのようなケースが多いので、人目を気にして郊外のホテルに流れるということがあるのかもしれません。郊外のラブホテルでは、明らかにデリヘルではない雰囲気の二人組が、入退室で別々に移動する人もよく見かけます。

 

社会生活で感じる場面は、社内の人間関係が不倫だらけという会社も実際に存在していることです。岩手は男尊女卑の傾向が他県より強いからこそ、こういう現状になっていると私は分析しています。他には、娯楽が他県より少なく気候も厳しいので不倫をして楽しんでいるのかもしれません。根底に男尊女卑の価値観があるからこそ、不倫のハードルが低くなって不倫が加速されるのかもしれないです。

 

ダブル不倫や独身と既婚の不倫だったりなんでもありの状態の会社もあります。既婚男性が、社内の女子社員を食べ放題という信じがたいことも実際にあるので、

 

私個人の周りでは、既婚でありながら一生懸命交際相手を探している男女も実際に多いです。結婚していながら、不倫相手を探すためにパートに出たり転職する女性も実際に多くいます。
既婚男性においては、女性を下位に見ている人が多いので普通に異性として誘いかける人が多いです。社交辞令ではなく本当に誘いかける既婚男性が多く、社内中、不倫だらけというのは実際に見聞きしてきているので、本当です。娯楽の少なさと気候の厳しさから、不倫が娯楽になっているのだと思います。

 

全国規模の会社に勤めていたころ、都心部にある本社の重役から実際に聞いた話では、岩手の女性社員はとにかく大人しい、他県の社員と比べて自己主張が本当に弱いということでした。岩手人同士の間では強気になることでも、自分より格上とみなす人に対してはとたんに弱くなる性質も持ち合わせているので、既婚男性に屈して不倫に甘んじる女性も多いのかもしれません。というように、複合的な要素がいろいろあって、女として長い目で見た場合に得の要素が一切ない、不倫をしている人が多いのかもしれないです。

 

岩手の不倫率が全国一位というデータは、かなり信ぴょう性が高いはずです。

 

 


ホーム サイトマップ
岩手出会いTOP サイトマップ