岩手が商業実験地にされる理由が多いワケ

岩手出会い〜出会える優良サイト特集〜

岩手が商業実験地にされる理由が多いワケ

岩手県の男性の県民性として平均と均衡を好む特性があります。

 

みんなに理解される仕事をしていること、多くの人に共通している価値観に当てはまる人生を送っていることを好む人も多いです。とにかく新しいことに閉鎖的なのも岩手の男性の県民性です。

 

中年以上の男性では、あらゆる分野において新しいことを嫌い、頑固で融通がききにくいです。岩手県民の私は、岩手県の男性のある一定の年齢以上に見られがちな傾向でもある新しいことを嫌うという場面を実際に多く見てきました。

 

仕事でとても非効率なやり方でも、いつまでも頑なにやり続けています。真面目で辛抱強く新しいことを嫌う中年以上の男性が多いことが影響しています。岩手県外から転勤してきた人が岩手で仕事をするときに、非効率なやり方をしていることを指摘して新しいやり方を提案しても、受け入れられることは少ないです。

 

伝統を重んじることと、横のつながりの連帯意識の強さも持ち合わせています。義理を重んじる男性も岩手には多いです。なのでたとえば、いい加減な業者に依頼している件などを進言しても、個人的な付き合いを重視して一切聞く耳を持たない人も岩手の男性は割といます。この業者に頼むと、こういう損害を被る、損だらけだというようなことを進言しても許される立場の人が理路整然と進言してもまったく聞きません。会社組織でのお付き合いがある業者ならともかく、そういうことがなくても、頑なに昔のやり方を変えません。このように新しいものを苦手とする傾向が岩手の男性にはあります。

 

こういうことは、岩手県以外の他県から転勤してきた社員などはかなり苦戦すると思います。悪いことばかりではありません。良い点は、岩手県の男性は、真面目で上下関係に関して生意気な男性が少なく、上司や先輩を立てます。

 

このように岩手の男性は、平均と均衡と昔ながらのことを頑なにやることが好きで伝統を重んじ、新しいものを受け入れがたい傾向があるので、さまざまな実験地になるのも岩手の特徴です。
たとえば煙草の新銘柄を実験的に販売することが多いのも岩手です。平均的な人生を好み、平均的なことが大好きで、新しいことを苦手とする岩手の県民性で売り上げが良かったら全国的にも売れると予測することがあるそうです。

 

実際、TSUTAYAの国内最大規模の旗艦店が岩手県の盛岡市にできました。新しい特長は、購入前の本をカフェに持ち込んで読むことも可能なことです。他にTSUTAYAの新しい特長は、店内にある椅子には購入前でも、どこに座って読んでも良いという試みです。無料のWi-Fi環境も整っています。

 

新しいことを苦手とし、平均的なことを好む岩手男性に受け入れられると、全国的にも売り上げを上げていくことができる可能性があるので、実験的に岩手の盛岡にオープンしているという話があります。

 

購入前の本をカフェ持ち込み可能だったり店内の椅子に座って読むことで、本の売り上げが伸びるのかを岩手のTSUTAYAは見ているわけですが、これはどれだけ岩手県の男性が、平均的なことを好んで新しいものを受け入れがたいとしているのかがよく現れている出来事です。

 

このことは、昔から今も岩手の男性は、平均的なことが好きで新しいものを苦手としている県民性が変わっていないということにもなります。

 

 


ホーム サイトマップ
岩手出会いTOP サイトマップ